TOP貴重書・特別書コレクション

貴重書・特別書コレクション

法学部図書館所蔵の貴重書・特別資料としては次のようなものがあります。 いずれも著名な法学者や政治学者、経済学者の名著や旧蔵書、特定主題のコレクション等です。 ・レーヴェンシュタイン文庫 ・プレデール文庫 ・ヴェルツェル文庫 ・ミル及びヒュームの未公開書簡 ・ミル「代議政治論」自筆草稿 ・エルドン文庫 ・グロティウス関係書 ・ジョン・ロー文庫 ・16-18世紀刊行ヨーロッパ法史関係図書・学位論文集

著名学者書簡コレクション(The famous scholar's letter collection)

日本大学法学部図書館は、これまで著名な思想家、学者の自筆書簡・手稿類を数多く蒐集・所蔵している。これらの資料は、学術的な価値を有するのはもちろん、歴史的な価値をもあわせもつ、世界共通の遺産である。
ここでは、
・ フーゴ・グロティウス(Hugo Grotius. 1583-1645)
・ デヴィド・ヒューム(David Hume. 1711-1780)
・ ウィリアム・ブラックストーン(William Blackstone. 1723-1780)
・ ジェームズ・ミル(James Mill. 1733-1836)
・ サン-シモン(Claude-Henri de Rouvroy, Comte de Saint-Simon. 1760-1825)
・ トーマス・ロバート・マルサス(Thomas Robert Malthus. 1766-1834)
・ ジョン・ステュアート・ミル(John Stuart Mill. 1806-1873)
・ ジェームズ・フレデリック・フェリア(James Frederick Ferrier. 1806-1864)
の書簡を公開する。

グロティウス『戦争と平和の法』 De jure belli ac pacis libri tres

『戦争と平和の法』は、「国際法の父」と呼ばれるフーゴー・グロティウスの名著。 これは、1625年に出版された初版ラテン語版(第3刷)である。
グロティウス「戦争と平和の法 De jure belli ac pacis libri tres」(1625)

J. S. ミル『代議政治論 』Considerations on representative government(manuscript. c.1860)

『代議政治論』(初版、1861年)は近代イギリスの政治理論に大きな影響を与えたとされる。 この自筆草稿は、11帖228枚で、1860年ごろに執筆された。
J. S. ミル「代議政治論 Consideration on representative government」(1861)

アゾ『勅法彙纂・法学提要集成』 Summa Codicis et Institutionum

13世紀初めに註釈学派のアゾが、勅法彙纂および法学提要の章題となっている事項について、ローマ法大全の関連諸法文すべてを踏まえて総括的に叙述したもの。 その後数世紀にわたって法学(ローマ法)案内書の地位を占め、「アゾを持たざる者は法廷に赴くべからず」とまでいわれた。
アゾ「勅法彙纂・法学提要集成」 Summa Codicis et Institutionum

西 周助 訳『官版万国公法』全4冊

慶応4年(明治元年=1868年)。 津和野藩(島根県)出身の西 周(あまね)は、オランダのライデン大学に留学し、国際法学者「畢洒林」(フィセリング)に学んだ。 この書物はフィセリングの講義を翻訳したもの。
西 周助 訳『官版万国公法』全4冊

『太政官日誌』第1号~第20号

慶応4年(明治元年=1868年)2~5月。 『太政官日誌』は、明治新政府が発行した広報誌。 ここに陳列されているのは、京都で発行されたもの。
『太政官日誌』第1号~第20号

『開拓使日誌』第1号~第4号

明治2年(1869年)5月~8月。 『開拓使日誌』は、開拓使が発行した広報誌。 ここに陳列されているのは、東京に本庁があった時代のもの。
『開拓使日誌』第1号~第4号

加藤弘蔵著『立憲政体略』

慶応4年(明治元年=1868年)。 西欧の立憲制度を紹介し、明治日本に大きな影響を与えた書物。 加藤弘之は出石藩(いずしはん,兵庫県)出身の政治学者で、初代東京大学綜理、のち帝国大学総長。
加藤弘蔵著『立憲政体略』

箕作麟祥 訳『官版佛蘭西法律書 刑法』全5冊

明治庚午(3年=1870年)。 明治政府によるフランスの法典(ナポレオン法典)の翻訳中、最初に翻訳されたもの。箕作麟祥(みつくり りんしょう)は津山藩(岡山県)出身の洋学者で、民法・商法など法典編纂に尽力し、最初の法学博士の一人。「法」の古字に注意。
箕作麟祥 訳『官版佛蘭西法律書 刑法』全5冊

『刑法』丙号

明治16年(1883年)。 これは、参事院の旧刑法改正案、甲・乙・丙のうち最後のもの。 活版本の旧刑法に施された「朱字」の箇所が参事院総会議に提出された改正案(保守的思想からする改正案)。 この改正案は数部しか残存していない。
『刑法』丙号

『ボアソナード意見書』

明治20年(1887年)。 司法省法律顧問ボアソナードは明治20年6月、外国人判事任用などを内容とする条約改正案(英独案)に反対する意見書を内閣に提出した。意見書は秘密出版にふされ、民権派に流布した。外務大臣井上馨はそれに反対したが、明治20年9月、辞職においこまれ、条約改正は失敗した。
本館は、『ボアソナード氏ノ意見ニ対スル駁正』(『ボアソナード氏の意見に対する覚書』井上外務大臣)も所蔵している。
『ボアソナード意見書』 『ボアソナード氏ノ意見ニ対スル駁正』

このページのトップへ戻る