学生生活

奨学金・教育ローン

日本大学法学部では,学業成績優秀者,経済的困窮者,国家試験合格を志す者等に対して,各種の奨学金を準備しています。
また,学外機関ではありますが,貸与型奨学金の手続きも行っています。
(学内の奨学金は全て給付型で,返還の必要はありません。)

学内の奨学金

日本大学特待生

学業成績が優秀で,品行方正な2年生以上の者に対し選考のうえ,奨学金が授与されます。
特待生には『甲種』と『乙種』があり,『甲種』は授業料1年分相当額の半額及び図書費,『乙種』は授業料1年分相当額の半額が授与されます。特待生選考対象者は,例年4月に教務課より発表されます。公募制ではありません。

法学部奨学金

[第1種]

学業成績が特に優秀(特待生に準ずる成績の者)で,人物が優れている者に対し選考のうえ,授業料1年分相当額の40%が給付されます。公募制ではありません。

[第2種]

優良な資質を持っており,経済的理由により学費の支弁が困難な者に対し選考のうえ,法学部第一部生:年額30万円,法学部第二部生:年額15万円が給付されます。例年,前学期中に公募します。

[第3種]

学業成績が優秀で,人物が優れており,海外学術交流協定校等に正規の留学生として留学を許可され,専門的研究を志す者に対し選考のうえ,往復航空運賃(エコノミークラス)及び留学先授業料1年分相当額を上限として給付されます。交換留学決定時等に受け付けます。

法学部永田奨学金

第5代総長,故永田菊四郎博士からの寄付金を基金とし運用されている奨学金で,昭和34年度に設置されたものです。この奨学金は,国家試験(司法試験等)の受験を志し,学業成績が優秀で,人物が優れている者に対し選考のうえ,年額12万円が給付されます。例年,前学期中に公募します。

法学部山岡奨学金

第3代総長,故山岡萬之助博士のご遺族からの寄付金を基金とし,また,山岡記念文化財団からの寄付金により運用されている奨学金で,昭和62年度に設置されたものです。この奨学金は,国家試験(司法試験等)の受験を志し,学業成績が優秀で,人物が優れている者に対し選考のうえ,年額12万円が給付されます。例年,前学期中に公募します。

法学部杉林奨学金

元法学部教授,故杉林信義博士のご遺族からの寄付金を基金とし運用されている奨学金で,平成27年度に設置されたものです。この奨学金は,弁理士試験の受験を志し,学業成績が優秀で,人物が優れている者に対し選考のうえ,年額12万円が給付されます。例年,前学期中に公募します。

日本大学小澤奨学金

元本部常任監事,故小澤三男氏のご遺族からの寄付金を基金とし運用されている奨学金で,昭和60年度に設置されたものです。この奨学金は,国家試験(公認会計士試験・税理士試験等)の受験を志し,学業成績が優秀で,人物が優れている者に対し選考のうえ,年額12万円が給付されます。公募制ではありません。

法学部校友会奨学金

法学部校友会からの寄付金により運用されている奨学金です。日本大学校友会年会費(準会員)を納入している者が対象となります。

[第1種]

優良な資質を持っており,経済的理由により学費の支弁が困難な者。また,卒業後も校友会活動に貢献できる者に対し選考のうえ,法学部第一部生:年額30万円,法学部第二部生:年額15万円が給付されます。例年,前学期中に公募します。

[第2種]

日本大学大学院法務研究科(法科大学院)に入学を許可され,次年度に入学する者。また,卒業後も校友会活動に貢献できる者に対し,年額24万円が給付されます。例年,後学期中に申請受け付けします。

法学部後援会奨学金

法学部後援会からの寄付金により運用されている奨学金です。法学部後援会費を納入している者が対象となります。

[第1種]

学業成績が優秀で,人物が優れており,経済的理由により学費の支弁が困難な者に対し選考のうえ,授業料1年分相当額の半額が給付されます。例年,前学期中に公募します。

日本大学事業部奨学金

株式会社日本大学事業部からの寄付金により運用されている奨学金です。学業成績が優秀で,人物が優れており,経済的理由により学費の支弁が困難な者に対し選考のうえ,年額24万円が給付されます。例年,前学期中に公募します。

日本大学創立130周年記念奨学金

意欲と能力のある学生が,経済的理由により修学を断念することなく,安心して学べるよう家計困窮者の支援を目的とした奨学金です。

[第1種]

一般入学試験出願前に申請し,審査の結果採用となった者に対し,年額30万円が給付されます(授業料等に充当されます)。毎年,継続審査がありますが,審査通過者は最短修業年限給付されます。

[第2種]

修学意欲が堅固で優良な資質を持っており,経済的理由により学費の支弁が困難な者に対し選考のうえ,年額30万円が給付されます(授業料等に充当されます)。例年,前学期中に公募します。

日本大学創立100周年記念外国人留学生奨学金

私費外国人留学生を対象とした制度で,学業成績が優秀で人物が優れており,特待生その他の本学の奨学金を受けていない者,また,国費外国人留学生及び外国政府派遣留学生でない者に対し選考のうえ,授業料1年分相当額が給付されます。公募制ではありません。

日本大学私費外国人留学生授業料減免

私費外国人留学生を対象とした制度で,授業料を一部減額することにより,経済的負担を軽減し,学業が継続され,留学の実を上げることを目的とした制度です。学業成績及び経済状況等の基準があり,審査を通過した者に対し授業料1年分相当額の20%が減額されます。例年,前学期中に申請受け付けします。

学外の奨学金

日本学生支援機構奨学金

日本学生支援機構では,経済的理由により修学に困難がある優れた学生等に対し,奨学金の貸与を行っています。奨学金は卒業後,定められた期間内に割賦の方法で返還しなければなりません。詳細については,日本学生支援機構のホームページを参照してください。

独立行政法人日本学生支援機構 奨学金

  1. 奨学金の種類
    ①第一種奨学金
     無利子の奨学金が貸与されます。
    ②第二種奨学金
     有利子(年利3%を上限)の奨学金が貸与されます。
    ※経済的状況等により,第一種奨学金と第二種奨学金の両方の貸与を受けることができます。(併用貸与)
  2. 募集の時期
    第一種奨学金,第二種奨学金とも毎年4月中旬に申込みに関する説明会を行います。なお,奨学金の申込みは年に1回のみなので,掲示等を注意してください。
    (家計の急変等があった場合は,臨時採用を行いますので,学生課に相談してください。)
  3. 予約採用者
    高校で大学奨学生採用候補者として決定通知を受け取っている者(進学届・確認書の提出)は大学の指定期日までに「採用候補者決定通知」等の必要書類一式を学生課に提出してください。

※期日までに手続きされない場合は,採用取り消しになるので注意してください。

国の教育ローン(日本政策金融公庫)

日本学生支援機構奨学金と同じく,国が運営する機関です。ローンですので返済しなければなりませんが,日本学生支援機構奨学金との併用も可能です。学校を経由した手続きはありませんので,詳しくは,下記まで問い合わせてください。

教育ローンコールセンター
TEL:0570-008656

その他の奨学金

地方公共団体や民間団体が,独自の方針に基づいて実施している奨学金で,各団体の選考によって奨学金が貸与または給付されますが,ほとんどの奨学金が学費の支弁が困難な者を経済的に支援することを目的としています。
その他,外国人留学生を対象とする奨学金もあります。
これらの奨学金制度については,出身都道府県,市区町村の教育委員会等,または当該奨学金取扱機関(財団等)に照会してください。
本学部へ募集のある奨学金については,掲示で案内します。なお,地方公共団体の奨学金制度には,他の奨学金の併給を認めない場合があるので注意してください。

お問い合わせ先

奨学金についての詳細は学生課にお問い合わせください。

日本大学法学部学生課
TEL:03-5275-8505

PAGETOP