トップ> 研究所> 法学研究所

法学研究所

所長:教授 関 正晴
次長:教授 清水 恵介

法学研究所は,法律に関する学術の研究及びこれに関連する諸事業を行い,法学部の振興と我が国における科学の発達とに寄与することを目的に設置されています。

研究所の事業では,主な研究活動として,政経研究所と合同で研究所の研究成果を収めた『法学紀要』を年1回発行しております。また,8つの研究会を定期的に開催しております。

その他に,社会への貢献活動として,本学部にて行う定期無料法律相談会,地方都市で行う巡回無料法律相談会を開催しており,多くの方々にご活用いただいております。

当研究所の活動は下記のとおりです。

学術研究部門

■研究紀要の発行

法学研究所及び政経研究所では、研究紀要として法学紀要(年1回)を発行しています。

■研究会の開催

当研究所では、下記の研究会を適宜開催しています。

①基礎法学研究会
②憲法・行政法研究会
③刑事法研究会
④民事法研究会
⑤商事法研究会
⑥労働法研究会
⑦経営法学研究会
⑧保険法研究会

■法学部付置研究所所員個人研究費の研究課題を掲載しています。

法学部付置研究所所員個人研究費の研究課題一覧

法律相談部門

当研究所では、定期無料法律相談会(年6回)及び巡回無料法律相談会(年1回)を実施しております。

学生研究室部門

当研究所では、下記の学生研究室の運営を行っております。