トップ> 研究所> 新聞学研究所

新聞学研究所

所長:教授 塚本 晴二朗
次長:教授 佐幸 信介

新聞学研究所は,現代社会の生命線たるジャーナリズム,メディア,コミュニケーション及びそれらに関連する問題領域について,有機的かつ学際的な研究を行うことによって学部の教育,研究に寄与すると共に,その学術的成果を通じて広く社会に貢献することを目的に設置されています。
研究所の事業では,主な研究活動として研究成果を研究所紀要の『ジャーナリズム&メディア』に掲載するとともに,シンポジウムで発表しており,新聞学研究会も適宜開催しております。また,近年では本研究所複数の所員により,震災に係る共同研究を行っております。
その他に,メディア企業等の最前線で活躍している民間企業の方を講師に招き,夏季集中講座を開催しています。
当研究所の活動は下記のとおりです。