本館耐震補強工事

本館耐震補強工事

住宅・建築物耐震改修モデル事業とは

住宅・建築物耐震改修モデル事業は,住宅・建築物の耐震改修について,施工性・居住性等の面でモデルとなる事業を国が広く公募し,支援することにより,耐震改修の促進,関連投資の活性化を緊急に図ることを目的としています。
本工事は,平成20年12月にモデル事業に応募し,平成21年2月に採択されたものです。

モデル性を有するとして評価を受けた内容

既存建築物の性能を総合的に向上させるもの

提案概要

  1. 免震工法の採用により,大地震時の建物の揺れを1/4〜1/3に低減することができる
  2. 免震層をB1階柱頭に採用することにより,地上部には補強部材が不要であり,1階を含めた居住エリアでの採光・通風などに影響がなく,耐震安全性を確保できる。
  3. 主な建築内部の工事がB1階に限定され,現状の機能・使い勝手はほぼ変わらない。
  4. 工事期間中も,校舎・研究室としての機能を継続し,校舎内外の動線を確保する。
  5. 外壁の改修により,タイルの剥落等の危険性を確保することができる。

建物概要

建物名 日本大学法学部神田三崎町校舎本館
主要用途 学校
敷地面積 3,328.02 ㎡
建築面積 2,756.37 ㎡
延床面積 17,212.64 ㎡
階数 地下1階,地上9階
主要構造 鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)造
竣工年 1968年
元設計 日本大学営繕室
元施工 ㈱熊谷組

工事概要

工事名 日本大学法学部神田三崎町校舎本館耐震補強工事
施主 学校法人 日本大学
工事場所 東京都千代田区神田三崎町2-3-1
工期 2010年7月24日〜2013年3月31日(32.2ヶ月)
設計 17,212.64 ㎡
監理 日本大学本部管財部工事監理課
施工 鹿島建設株式会社 東京建築支店 第三統括事業部

主な工事内容

本建物は免震レトロフィットによる補強を行っています。

免震レトロフィット

既存建物の耐震化の工法の一つに免震化(免震レトロフィット)があります。
建物の基礎下もしくは中間階に新たに免震層を設けることにより,免震層より上部の構造に作用する地震力を大幅に低減し,耐震安全性は飛躍的に増大します。また,建物内の家具の転倒や非構造部材の損傷も防ぐことができます。

免震レトロフィットの概要

  • 免震装置:鉛プラグ入り積層ゴム(750φ〜900φ) 54台
  • 天然ゴム系積層ゴム(750φ〜800φ) 12台
  • 減衰装置:オイルダンパー 8台

免震構法概念図

免震構法概念図1

免震構法概念図2

全体工程

全体工程

工事手順

STEP-1

既存躯体補強

既存躯体補強

STEP-2

補強等躯体打設(アンカーボルト先付)

補強等躯体打設(アンカーボルト先付)

STEP-3

ジャッキアップ及びPC緊張

ジャッキアップ及びPC緊張

STEP-4

柱の切断(ワイヤーソー)

柱の切断(ワイヤーソー)

STEP-5

免震装置設置

免震装置設置

STEP-6

免震装置上下躯体打設

免震装置上下躯体打設

STEP-7

耐火被覆取付

耐火被覆取付

STEP-8

躯体表面塗装

躯体表面塗装

工事写真

STEP1 既存塗り材撤去

STEP1 既存塗り材撤去

STEP-2 補強等躯体打設

STEP-2 補強等躯体打設

STEP-3 ジャッキアップ及びPC緊張

STEP-3 ジャッキアップ及びPC緊張

STEP-4 柱の切断(ワイヤーソー)

STEP-4 柱の切断(ワイヤーソー)

STEP-5 免震装置設置

STEP-5 免震装置設置

STEP-6 免震装置上下躯体打設

STEP-6 免震装置上下躯体打設

STEP-7 耐火被覆取付

STEP-7 耐火被覆取付

STEP-8 躯体表面塗装

STEP-8 躯体表面塗装

お問い合わせ

この工事についてのお問い合わせは,日本大学法学部庶務課までメールにてお問い合わせください。

連絡先

法学部庶務課

PAGETOP