PICKUP NEWS

デュッセルドルフ大学(ドイツ)のトーマス・ポグントケ教授が来校されました。

デュッセルドルフ大学(ドイツ)のトーマス・ポグントケ教授が本学部の外国人研究者招へい事業により来日し,小田司法学部長に表敬訪問ということで来校されました。
トーマス・ポグントケ教授は,ドイツおよびヨーロッパの政党政治に関しては,世界的に著名な研究者で,来日中は,“The end of orderly party government:Party and party system change in Germany”,“The future of political parties in moderndemocracies”,“Politics in Europe:From national to supranational governance”,130周年記念シンポジウム基調報告“Leader Politics or Party Politics:the Presidentialization of Politics around the World”のテーマで計4回の特別講義を開催します。



PAGETOP