INFORMATION

日本大学法学部長からのメッセージ

―オンライン授業実施に伴う支援および修学支援について―

日本大学法学部
日本大学大学院法学研究科
日本大学大学院新聞学研究科
日本大学大学院法務研究科
在学生・ご家族の皆様へ

日本大学法学部     
学部長 小田 司

 新型コロナウイルスの感染拡大による政府の緊急事態宣言の発令に伴い,私たちの生活環境は大きな影響を受け,とても厳しい状況に置かれています。新型コロナウイルス感染拡大防止の対応が長期化する中で,学費支弁者の家計急変や学生本人のアルバイト収入減により経済状態が激変し,今後の状況について大きな不安を抱えておられる方も多くおられることと思います。学生の皆さん,そしてご家族の皆様方へのお知らせが遅くなり,不安な思いをさせておりますことを,心よりお詫び申し上げます。

 前のメッセージでもお伝えしましたが,法学部では学生の皆さんの健康と安全を第一に考えて,多くの学生を校舎へ集めることを避け,当面の間,校舎への立ち入りを禁止し,5月11日(月)からオンライン授業を実施することにしました。オンライン授業を実施するにあたり,パソコンやタブレット端末の有無,インターネットの環境等についてアンケート調査を行い,オンライン授業を実施する上で必要なパソコンやタブレット端末を用意できない学生へは,法学部が用意して無償貸与させていただくことにしました。また,オンライン授業を受講するためにはインターネットに接続できる環境の整備が必要であることから,学修環境を整えるための学修環境補助費として,全学生へ一律3万円支給させていただくことにしました。学修環境補助費支給についての具体的な手続等については,追って担当部署からお知らせいたします。

 新型コロナウイルスの感染拡大が全国へ広がり,未だ収束の兆しが見えず,経済状態が悪化する中で,経済的困窮により学費等の支弁が困難となる学生が多数発生することが予測されます。その対応として,日本大学は新型コロナウイルス感染拡大による経済的困窮者に対し,給付型奨学金として総額10億円を用意し,1人あたり10万円給付することを決定しました。応募方法,給付時期,条件等については,5月上旬を目途にお知らせいたします。また,法学部でも,新型コロナウイルス感染拡大による経済的困窮者を支援するため,早急に学部独自の奨学金の給付を検討いたします。詳細については,改めてお知らせいたします。

 5月11日(月)からオンライン授業を開始いたしますが,我々法学部の教職員一同は,オンライン授業によっても質の高い教育を提供するために最大限の努力をもって対処して参りますので,学生の皆さんも授業開始に向けてしっかり準備をしてください。

 新型コロナウイルスの感染症が一日も早く収束し,学生の皆さんと直接お目にかかれる日を楽しみにしております。皆さんをいつでもお迎えできるように,万全の体制を築いて参ります。

 最後になりますが,我々法学部の教職員一同は,教育の質保証に向けて精一杯努力して参りますので,学生のご家族の皆様におかれましては,どうぞ安心して,引き続きご支援を賜りますようお願い申し上げます。





PAGETOP