ヤナセ ノボル

柳瀬 昇 教授歳)

メールアドレス

柳瀬 昇

担当科目憲法,ゼミナール
主な著作・論文
  • 『裁判員制度の立法学―討議民主主義理論に基づく国民の司法参加の意義の再構成』(日本評論社,2009年)
  • 『熟慮と討議の民主主義理論―直接民主制は代議制を乗り越えられるか』(ミネルヴァ書房,2015年)
  • 「裁判員制度の運用と司法権の正統性の危機」ジュリスト第1400号(2010年)36-42頁
  • 「裁判官弾劾制度をめぐる憲法上の論点」弾劾裁判所報2011年号(2011年)3-27頁
  • 「アメリカ合衆国における弾劾されるべき罪の意義について」『現代アメリカの司法と憲法-理論的対話の試み』(尚学社,2013年)278-302頁
  • 『教育判例で読み解く憲法』(学文社,2013年)
研究テーマ共和主義的憲法理論と討議民主主義理論の基礎研究,国民の司法参加の制度の憲法的意義の定位
学会及び社会での活動日本法政学会平成21年度学会賞(奨励賞)受賞
日本公共政策学会2011年度学会賞(論説賞)受賞
港区個人情報保護運営審議会委員

詳細な研究者情報