トップ> お知らせ

【重要】台風21号の首都圏接近に伴う授業対応について

法学部では,台風により授業等に影響が生じる恐れがある場合には,「交通機関運休の場合の取扱い」(以下参照)により,休講等の措置を講じております。
 台風21号の首都圏接近に伴う10月23日(月)の休講等措置については,当日午前6時に法学部ホームページに掲載いたしますので,御覧願います。
 また,その後台風の状況によって,休講等の措置が変更となる場合は,随時ホームページにてお知らせいたします。

                 交通機関運休の場合の取扱い

台風や大雪などにより,次のいずれかの交通機関が運休した場合は,以下のとおり授業を休講することがあります。
JR総武線(千葉−三鷹間),中央線(東京−高尾間),山手線
① 当日午前6 時の時点で運休の場合は,第一部1 ・2 時限目の授業を休講とする。
② 当日午前10時の時点で運休の場合は,第一部3 ~ 5 時限目,第二部1 時限目の授業を休講とする。
③ 当日午後3 時の時点で運休の場合は,第二部2 ・3 時限目の授業を休講とする。

原則として上記の措置を目安としますが,状況判断により適切な措置を講じ法学部ホームページ等にてお知らせしますので,各自必ず確認してください。

休講とならない場合でも,交通機関の運行状況,気象状況により,安全な通学が確保できないと判断した場合には,無理な通学はせず自宅で待機してください。